祖師谷大蔵駅〜成城学園駅
2002/5/12


今日は小田急線「祖師谷大蔵」を
散歩して来ました、駅から南側を
散策して、仙川沿いを成城学園駅
までのコースです・・・・・・
(駅がすっかり変って・・最初??でした)
活気のある商店街を歩き始めて
すぐ右側の奥まった所に小さな
神社?「新明国上尊」が有りました
詳しい事はわかりませんが
綺麗で趣のある所でした

商店街を少し進んで、路地を左へ
「そしがや温泉21」が有ります
沢山の方が、温泉に吸い込まれて
行きます・・結構有名なんです

商店街の真中に有った祠
町に溶け込んでいました(微笑)
さらに商店街を進むと
右側に並木が見えて来ます
「ふれあい歩道」とあります
木の下にはベンチがあって
木陰で休憩が出来
この日は結構暑かったので
少々涼ませてもらいました
涼んだ所で、散歩再開です
「ふれあい歩道」のすこし先を左折
大きな木が見えて来ます

「神明社」です
仙川散歩2で「上祖師谷神明社」を
紹介しました、同系列の神社だと
思われますが、詳しい資料が無く
詳細はご紹介できません・・すいません

緑深く清々しい境内
そして社殿も重厚な造りで
落着ける神社です・・・

ここに有った看板↑
また、商店街に戻り
次の目的地「つりがね池公園」を
目指します、感をたよって適当に
左折・・・

↑これは商店街に有った畑

迷子です(微笑)
袋小路が多い!やがて畑の真中・・
いつもの簡単MAPを見ても
何処にいるかもわかりません(汗;

やっとの思いで「つりがね池公園」に
到着!!想像したより小さな公園です

しかしながら、水辺は気分が良いです
しばし休憩・・
つりがね池
鎌倉時代、清水が湧く
この地に地福寺という寺が
あり、祖師堂が建てられ
ました。そのお堂の名から
この辺りを祖師谷と
呼ぶようになったそうです。
また、この池には寺の
釣鐘を抱えて身を沈めた
和尚の話が残っており

つりがね池という名の
由来を後世に伝えています

かつてこの一帯は湿地帯で
豊かな湧き水は、田畑を
潤して仙川に注いでいたと
言われています。現在の
池は、その当時より
小さくなって、湧き水も
わずかになりましたが
貴重な自然が
保護されています。
公園を後にしてすぐの
交差点に小さな祠が3つ
「神明社」とあります
以前神明社がここまで
有ったのでしょうか?
疑問が残りました・・・

(またまた、すいません・・汗)

次のページへ



inserted by FC2 system